相続で思ったけど

というお言葉をいただきました

平社員からスタートし広報のみならず
人事にまで関わるようになったころに達した境地だそうです

定年っていうか60歳の区切りって遠いようなそうでないような
弊社の社長が吞み潰れてあららな感じをのぞけば
有終の美に近いひとときでした

相続で思ったけどオフィシャルの場では吞み潰れるのって
豪快であっけらかんとして清々しいというより
だらしなく自己管理できてなくてなんかみっともない
というように思うようになりました
ビジネスの場ですからね 記憶がなくなるのはNGでしょ
テレビcmの仕事(持ち込み企画)をしているのですが
映像の制作会社とやりとりをしていて
わからないことだらけでどこから先は何ができないとか
料理でいう最初にニンニク炒めて薫りをうつしてそのあとに
具材を炒めるのであとからニンニク入れてもだめよみたいなのが